スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1846~1847 小説

リントンが出て行ったときキャシーがぶあいそうなつれに、戸口の上にはなんと書いてあるのかと訊いているのが聞こえました。ヘアトンは上を見上げ、まるで目に一丁字もないらしく頭をかいています。
「どうせろくでもねえことさ。おれには読めねえけど」
と彼は答えました。
「読めないんですって?あたしは読めるわ、英語ですもの。ただね、なぜあんなとこに書いてあるか知りたいのよ」
リントンはくすりと笑いました。彼がおもしろそうな表情を見せたのはこれが初めてでした。
「ヘアトンは字が読めないんだよ。こんな大馬鹿がいるなんて信じられないくらいでしょう?」
「この人、あれで一人前なのかしら?それとも足りないのか、どうかしてるんじゃない?あたし二度も訊いたのに、二度ともぽかんとしてるんですもの、あたしの言ってることがわかんないみたい。あたしもこの人の言うことはまるでわかんないし!」
リントンはまた笑い、あざけるようにヘアトンのほうを見やりました。笑われたヘアトンは、たしかになんのことやらわからない様子でした。
「勉強をなまけただけだよ、そうだろヘアトン?」とリントンは言いました。―「キャシーはきみのことを低脳かと思ってるんだ。それでわかるだろ、きみのいつもいう『本学問』を軽蔑した結果がどうなるか。彼のひどいヨークシアなまりに気がついたでしょう、キャサリン?」
「へっ、本なんかよみくさってなんのやくにたつかよ」とヘアトンは、毎日顔をつき合わせている相手だけに、気やすくやり返しました。そしてまだ何か言いかけましたが、リントンとキャシーはおもしろそうにどっと笑いこけました。軽はずみなお嬢さんは、ヘアトンの奇妙な話しぶりを笑いぐさにしてやれると知って、大喜びなのです。リントンはくすくす笑いながら言いました。
「くさってなんて、どうして言わなきゃなんないんだい?悪い言葉は使っちゃいけないってお父さんから言われたくせに、きたない言葉を使わなきゃ口も利けないんだな。紳士らしくしたらどうだい、ええ!」
「もしもてめえが女のくさったようなやつでなきゃ、いますぐなぐりたおしてやんだがな、へなへなのひょうろく玉めが!」
と腹をたてた野育ちな若者は、怒りと屈辱に顔を真赤にして、その場を去りながら言い返しました。侮辱されたことはわかっていながら、怒りをどう表現していいかわからなかったのです。

※『嵐が丘』 E・ブロンテ(1814-1848) 河野一郎訳 中央公論社 P260~261
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anotoki

Author:anotoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。